犬と猫の耳科・皮膚科専門診療獣医師 大隅尊史

犬と猫の耳科・皮膚科専門

想い

ペットと飼い主様の楽しい暮らしを
いつも願っています

ペットのつらい症状、飼い主様の不安な気持ちをできるだけ早く取り除いてあげたい。
そんな想いで犬と猫の耳科・皮膚科の専門診療をおこなっています。

家族が病気になったとき、専門科診療の重要性を身を持って感じました。

専門診療枠でご予約頂いた診療は全て私が担当いたします。

その症状、
わたしに相談してください

ペットの耳や皮膚のつらそうな症状、
一度ご連絡してください

犬と猫の耳・皮膚疾患に関して、
国内外で多くの知識と経験を得ました

東京農工大学にてアジア獣医皮膚科専門医の教育過程を修了し、その過程をきっかけに国内外で多くの知識と経験を得ることができました。これからは日本の動物病院も専門科診療の時代だと思っています。基本的に耳科・皮膚科のみを担当することで、より多くの知識と経験を得ることができ、私自身の技術も向上していきます。
また、専門家同士のコミュニケーションも大切であり、自身で解決できない問題は、国内外の専門家に意見を求めながら診察を進めることもできます。

ビデオオトスコープ(耳の内視鏡)を用いた耳科診療で
多くの耳疾患を改善・コントロールすることができます

難治性の耳疾患は、飲み薬を飲んでも簡単には治りません。私は数年前よりビデオオトスコープを用いた低侵襲での耳科診療に力を入れており、国内外で発表、講演、セミナー、執筆、教育を行ってきました。
これまで積み重ねてきた経験をもとに、より低侵襲での治療プランを提示できるようにと考えています。また、ビデオオトスコープで管理できる状態と、そうでない状態を早期に見極めることで、ペットと飼い主様にとって最善の治療を提案していきたいと考えています。

犬や猫のアトピー性皮膚炎に対し、欧米の皮膚科専門病院と同様に
皮内試験減感作療法を施術しています

近年は、アトピー性皮膚炎で悩まれているペットとその飼主様が多く存在します。新しい痒み止めが開発され、より良い時代になりましたが、薬が切れると痒みが再発することには変わりありません。欧米では、アレルギー検査に基づいて、アレルギー体質からの脱却を目指す治療がよく行われています(減感作療法)。
私は研修医の頃からこの治療法が日本でも普及することを目指しており、現在では、様々なタイプの減感作療法が実施できる体制を整えることができました。ご希望に応じて実施していますので、ご興味のある方は一度ご相談ください。

皮膚の腫瘍(できもの)に関しても、皮膚科だけでなく
獣医腫瘍科認定医の知識を交えて相談させていただきます

研修医の頃から、腫瘍のペットを多く診てきました。皮膚にできる腫瘍(できもの)に関しても、専門的な知識をもとに診察にあたりたいと考え、2016年に獣医腫瘍科認定医Ⅱ種を取得しました。特に皮膚リンパ腫の治療にあたっては、多くの治療選択肢を提示することができますので、諦める前に是非一度ご相談いただけたらと思います。
また、皮膚腫瘍の外科手術にも対応しています。皮膚腫瘍の専門診療は少ないと思いますので、是非頼りにしていただけたらと思います。

ブログ

診療の記録

皮膚科の処方ノート 第20回 繰り返す趾間せつ腫症にピリオドを打つ!

【雑誌名】 「Small Animal Dermatology 56号(2019/3月号)スペシャリストに聞く!皮膚感染

臨床皮膚科でいま“できる”ことを提案する 第6回 赤い病変・むける病変!皮膚科でエマージェンシー

【雑誌名】 「Small Animal Dermatology 55号(2019/1月号)赤い病変・むける病変!皮膚科で

皮膚科の処方ノート 第19回 アロペシアX

【雑誌名】 「Small Animal Dermatology 54号(2018/11月号)岩﨑利郎先生トリビュート 獣

皮膚科の処方ノート 第18回 皮膚上皮向性T細胞性リンパ腫の犬を治療する(筆者の治療例)

【雑誌名】 「Small Animal Dermatology 53号(2018/9月号)できることを増やそう!皮膚科の

皮膚科の処方ノート 第17回 皮膚上皮向性T細胞性リンパ腫の犬を治療する(治療編)

【雑誌名】 「Small Animal Dermatology 52号(2018/7月号)膿皮症アップデート夏の強敵と対

臨床皮膚科でいま“できる”ことを提案する 第2回 絵合わせで診る!似たものどうしの皮膚疾患

【雑誌名】 「Small Animal Dermatology 51号(2018/5月号)絵合わせで診る!似たものどうし